基礎技術解説濡れ・気泡・付着・表面処理

ウォータマーク(乾燥痕)の生じる原因

ウォータマーク
ウォータマーク

メガネや車のフロントガラスに、右図のような円形の雨水のウォータマーク(乾燥痕)が生じることは知られている。様々な形があるが、輪のような形状がほとんどである。このウォータマークの形状には理由がある。主な要因は、乾燥時に生じる液滴内の対流と、液滴コンタクトラインのピンニングである。ここでは、比較のために、液滴中の微粒子の有無について考察する。

液滴の乾燥
液滴の乾燥
乾燥時の液滴内の対流
乾燥時の液滴内の対流

上図は、超清浄なシリコンウェハ上に滴下した超純水液滴の乾燥過程を示している。観察はスーパークリーンルーム内で行っている。よって、基板や液滴中の微粒子は極端に少なくなっている。乾燥とともに液滴サイズは縮小し、液滴周囲(コンタクトライン)もほぼ円形を保ったまま小さくなっている。最終的には、液滴の中心部分に凝集したウォータマークが形成されるが、その大きさも小さい。このウォータマークは、液滴中に溶解していた物質や僅かに残存していた微粒子が凝集したものである。液滴の乾燥時には、右図にあるように対流が生じる。液滴内では中心部は下向きに対流し、基板近くでは周囲へ向かって流れ、最終的に中心部の頂上に戻る。これは、液滴の乾燥に伴う気化熱により液滴表面の温度が低下することに起因している。冷却された液体は基板方向へと対流するが、液滴中心部の対流が周辺部より体積効果のため増大し、このような対流モデルとなる。ホットプレートなどで液滴を加熱した場合は、液滴内対流は逆方向に生じる。

ウォータマークの形成
ウォータマークの形成

ここで、上図には、液滴内に微粒子が分散している場合の乾燥挙動を示す。微粒子はPSL(ポリスチレンラテックス)であり、液体中では特定のゼータ電位で帯電している。この帯電により、微粒子は液体中では凝集しにくく、対流とともに移動できる。PSLの純水中でのゼータ電位は、-50mVである。

この続きは、お問い合わせください。

以下のような図や解説が続きます。

  • [図] ウォータマークの形成モデル

お問い合わせフォーム

ページのトップへ戻る